ことりちゃんにとおせんぼう

いろいろ試してみるポケモンブログ!

【ORASシングル】きあいだま1ウェポンボルトロス+控えめメガゲンガー入り対面厨パ

f:id:Talonflame_175:20170919112326j:plain

シーズン16 最終100位
2112 94勝46敗

選出パターンA ボルトゲンガー軸

サイクル構築、ガルクレセ軸、受けループ

ボルトロス:オボンのみ

おだやか 172-x-99-145(146)-143-139
144(140)-0-68-0(4)-236-60(H個体値30)
でんじは/どくどく/いばる/きあいだま

HD 珠ゲッコウガれいとうビーム耐え
S 多くの耐久ボルトロスの上

ゲンガー:ゲンガナイト

変更前
おくびょう 135-x-101-222-115-200
0-0-4-252-0-252
みがわり/たたりめ/ヘドロばくだん/きあいだま

変更後
ひかえめ 135-x-101-244-115-182
0-0-4-252-0-252
さいみんじゅつ/たたりめ/ヘドロばくだん/きあいだま

ボルトゲンガーの基本的な動きであるでんじはいばる→みがわり残しから全抜き体制を整える
その時にきあいだまがないとみがわりを残した後の範囲が狭いこと、バンギラス入りに出せないことを考慮しかなり多くの範囲をボルトゲンガーで見るための構成となった

はずだったが、この組み合わせはサイクル構築に圧倒的に強い反面ガルクレセを崩す手段に欠けておりガルーラに後出しゲンガーからきあいだまを撃ちふいうちをないと読むかあると判断してさらに撃たれるか撃たれないかを考えるゲームになってしまう

そこでゲンガーはメガシンカ後の素早さで役割が変わるのがゲッコウガのみと割り切り、きあいだまを搭載して多くのメガガルーラを倒す方針に

補助技は確かにみがわりのみだが、でんじはから4回みがわりを押したたりめで突破した場合、後ろのポケモンは殆ど確定2発に入るのでそのままもう1匹は倒すことができる
たたりめきあいだまは採用確定、ただしヘドロばくだんを切ることでフェアリーを殴れなくなったりボルトロスの構成の都合上ただでさえ重い上今期多かったマリルリをここでも殴れなくなるので外すことは出来ない
サイクルパーティに入ってくるボーマンダなどにも必要と、用途は広い

この技構成でガルーラを倒しに行くのが怪しく感じるが、流石にきあいだまをただ撃つのではなく、あたかもおにびやみちづれを持っていて1-1交換を狙ってるような顔をしながらノーマル技に後出しすることが重要で、このように動かせばふいうちやメガ判定が出来ていないゲンガーにいきなり悪技を撃ってくるパターンが減る(メガゲンガーとならガルーラで1-1を取りたい、ゲンガーがメガでなく後ろにメガガルーラが控えているなら1度引きたい、という考えと受け取れる行動が多く感じた)
そしてそもそもふいうちを持っていない、1撃で倒す技を持っていないガルーラが十分いて、殆ど全てのガルーラはきあいだまで吹っ飛ぶ
他のパーティや対面厨パのゲンガーはともかく、このパーティはエース採用であり選出率も圧倒的に高いのでいつの環境でも当然多いガルーラがいるくらいで怯むような配分や技構成にはしたくないし、みちづれで1-1を取りに行くのは本末転倒 それなら外して負けでいい

さらに今期は食べ残し瞑想クレセリアや瞑想スイクンなどそもそもゲンガーが状態異常を撒けないと3匹単位で詰むことが多々あり、これが原因で2090からの21チャレンジに失敗、その後20を切る事態になったので本来のシナジーからは離れるもののみがわりをさいみんじゅつに変更 ただしさいみんじゅつは積みエースと化すポケモンにしか撃たない

ボルトロスは状態異常を誰にでも撒ける体制を整えておき、どくを持つことで本来ボルトゲンガーのみでは倒せないポリゴン2入りなどに戦うことができる
その時に時間稼ぎの手段として使え、仮にボルトロスが即死しても基本的にひかえめメガゲンガーが相手を2発で持っていけるため、1度自傷すればなんとかなるとゴミのような考え方を持ち、みがわりは消したもののいばるは残した

この構成のボルトロスを単体で考えるなら、十分強いし電気打点を切ったとしてもボルトロスに耐性は変わらない(どくどく持ちボルトロスは普通どくどくを初手で撃ち合うので外さない限り問題ない)
むしろ電気技を採用することでマンムーバンギラスヒードランナットレイにやることがなくなり(ゲンガーが後出ししにくい)相手に強引に居座ったところで1匹無駄に失うだけなので使いにくいと感じた

ボルトゲンガーのボルトロスは電気技を切っていい、と思う

選出パターンB ガルガブ軸

対面厨パ、その他高耐久物理受けがいないor崩しやすいパーティ

ガルーラ:ガルーラナイト

ようき 181-177-120-x-120-167
4-252-0-0-0-252
ねこだまし/すてみタックル/ふいうち/れいとうパンチ

ガブリアスこだわりスカーフ

いじっぱり 184-200-115-x-105-154
4-252-0-0-0-252
げきりん/じしん/ストーンエッジ/どくづき

スカーフガブリアス自体はどのパーティにも入ってくるが対面厨パをボルトゲンガーで相手するのは相当きついので専用フォーメーション
ガブリアスはボルトゲンガーで電気の一環を止めるために3匹目として選出も多くしていたがガルーラは対面厨パ以外殆ど選出しなかった

ねこだましすてみタックル、ふいうち、性格ようきで多くのポケモンと最低限殴り合うことができるので初手投げがかなりの場面で安定する
基本的に相手のガルーラと1-1またはこちらが生存して倒し、相手のガブリアスは後述のスイクンで見る方針を取っている

この2枠はよく見る対面厨パのパーツで、広い範囲を見る必要が全くないので狭く強い駒にしたら2匹がこれらの型になった

ガブリアスの4枠目に関してはサイクルパーティの場合ボルトゲンガー選出が殆ど、厨パの鋼枠はヒードランやそもそも鋼がいないことが多いのでマリルリを含めて一環を取りやすいどくづきに
このパーティはきあいだまを持ちすぎなので鋼が重くありません

補完枠

スイクンゴツゴツメット

ずぶとい 205-x-165-111-136-124
236-0-116-4-4-148
リフレクター/ミラーコート/ねっとう/れいとうビーム

とにかく使いやすいスイクン
普通のゴツメスイクンが強いと感じている場合とても弱く感じると思う、が、選出出来ていなかったり出してもゴツメを持った荷物になるだけという人には強くオススメでき、ゴツメスイクン入門編として使いやすいポケモン

S52振りでは足らないと感じている配分をさらにS寄りに動かしていった結果ノイクンの配分とぴったり一致することになった

「ノイクン配分ゴツメスイクン

リフレクターがメガ前多くのひみつガルーラの上を取り、ドレインパンチなどを採用するガルーラはメガ後でも上を取って貼ることができる
いじっぱりキノガッサの上を取って殴ることができ、後出しでねっとうを受けてくれた場合そのままれいとうビームで突破可能

また、この構築はゲンガーで全抜きを狙いに行くのでそれが失敗する=スカーフ電気タイプに止められることが多く、そういった意味でミラーコートが安定して撃てるので切り札として控えている あまり撃たないがゲンガー引けない状態で失うことになったとき、これで逆転勝ちを拾えたことが多かったので怪しいと思いながらも最後まで抜くことはできない技だった

ボルトゲンガー選出、ガルガブ選出、どちらにしてもスカーフガブリアス担当枠なので選出率は非常に高め
れいとうビームは必須、ガブリアスに逃げられたら意味がない

引いてハチマキで殺されたらさいみんじゅつ撃ち込みに行きます

ウルガモス:いのちのたま

おくびょう 161-x-104-179-125-155
4-0-152-188-0-164
ちょうのまい/だいもんじ/ギガドレイン/めざめるパワー氷
B 181メガガルーラのねこふい確定耐え
C +1だいもんじメガガルーラに181~214ダメージ
S 準速ガブリアス抜き


こっちはガルクレセを崩す為にゲンガーに加えてもう1枚欲しかったので採用
ゲンガーをどうしても切るしかない、ボルトロスに対し麻痺を貰いながらでも倒してくれればウルガモスが通る相手が多かったと感じたのでガルクレセにはかなり選出していた

ヒードランは見た目対面厨パに基本出てこれないと割り切ってる上、実際は出てこられても他と同じようにボルトゲンガーで好き勝手倒せるのでそこまで気にならない

むしろスカーフガブリアスを止める手段が少ないパーティなのでクレセリア対面で舞えたらガルガブクレセ全抜きを狙えるようなウルガモスにしたかった ということで珠+めざ氷

最後に

初めて2100に乗りました!
このパーティを見て怪しすぎる、これは対面厨パとは言えない、というような感想を持ったと思います
僕の中でもこれは対面偽装ボルトゲンガー軸なのですが、ガルガブスイクンが普通に対面構築をしていてゲンガーを含めそれなりに対面的に殴れるので対面厨パとしても名乗れると思うことにしています

さいみんじゅつ、きあいだまですが今回は素催眠ゲンガーとして場を荒らしていくのではなく、きちんとボルトロスから展開をしていばるでケアをしながら引かれてもさいみんじゅつを2回撃て、居座ったとしても確率を60%から上乗せするような使い方をしていました

ボルトロスがどくどくを撃った場合、相手がどくどくボルトロスだと勘違いしゲンガーが出される、そこにでんじはを入れてそのまま死に出しorヘドロばくだん読みゲンガーからの崩しがかなり多く、分かりやすく強かったです

実際のところさいみんじゅつやきあいだまをかなりの頻度で撃つので(ボルトロスきあいだまは汎用打点としてなので割と外れても問題なく、やることがないのできあいだまを撃ってることが多い、ゲンガーのきあいだまはガルーラに後出ししながら撃つので頻度が高い上にリスクも大きかった)なかなか思うような処理ルートで倒せないことが多いです
ですがボルトロスとゲンガーの型で異様な広範囲を見れるようにしてあるので60%〜70%(84%や91%)の勝率に持ち込めることが多く、結果として勝率67%とさいみんじゅつときあいだまをそれぞれ確率通り外したまま数字に表れたと思います

本当に殆どのパーティに対しボルトゲンガー選出を行えるので動かしやすく、このボルトロスの技構成は4つ全てを見せるまで残り1,2枠が違うものだと想定されるので優位に立ち回りやすかったです


ゲンガーのところにも書きましたが素催眠ゲンガーを使い始めたのは2090から落ちた後なのでここの調子だけではなかったと思います


このまますんなり2100に乗りたかった感じはありましたが・・・



この構築はボルトロスと3ウェポンゲンガー、ノイクン配分ゴツメスイクンが本当に強かったです

長くなりましたがシーズン16お疲れ様でした