【SMシングル】上振れする確率依存対面構築【シーズン2】

分かりやすい確率パーティと分かりにくい確率パーティ。

僕の6thでは目に見えて分かる威張る催眠術を軸にして確率ゲームに収束させることを狙っていた構築が多めでした。

僕は単に理詰めできる他の対戦ゲームと違い、確率、運ゲーという要素がポケモンらしくて好きなので今作もそれを意識するようにしました。

ただ、目に見えて分かる確率技は軒並み弱体化を喰らったので相手に運負けさせる構築というのを意識した上で一応普通でもそれなりに戦える構築を組んでみました。

条件

意図的に上振れ要素を作りに行くのでそれに準ずるポケモンを採用します。

主に
「メインウェポンに強力な追加効果がある」
ことを採用理由にしていきます。

メガメタグロスメガガルーラ
多く存在するメガ枠からこの2匹を選んだのは素直な強さと攻撃技に確率が付属されていること。

メタグロスアイアンヘッドでの怯み、れいとうパンチによる凍り、かみなりパンチによる麻痺が狙えるので採用しました。

ガルーラは2回攻撃により急所率が高いことと追加効果が起こる確率が高いことを理由に採用しました。れいとうパンチによる凍り、ほのおのパンチによる火傷が狙えます。


ゲッコウガ
あくのはどうによる怯み、ねっとうによる火傷
そして何よりみずしゅりけんは役割の面では回数が必要ではないのに非常に大きな確率技であることからみずしゅりけんを用いた運ゲーが可能なので採用しました。

役割の面では、というのは先制技をタスキや頑丈、ばけのかわ剥がしと捉えるとき1回で十分という意味です。その為2回でもゲームは続行します。が、5回を引けるとゲームを終わらせる可能性が出てくるので非常に強力な上振れ確率技ということです。

パルシェン
メインウェポン、サブウェポン共に5回攻撃という急所率が非常に高くなる上振れ技を使えるので採用しました。
そしておうじゃのしるしを持たせることで常時41%の怯みを狙うことができます。

・カプコケコ
フィールドにより放つ攻撃技は電気技が主になります。よって10まんボルトによる麻痺を理由に採用しました。
カプレヒレによるミストフィールドは確率の妨げになるのでそれを解除する要員でもあり今回のパーティの必須枠です。

ミミッキュ
強いらしいのでいれました。



上記の理由で6匹が集まります。カプコケコは少しこじつけ感がありますが4匹は確率を任意に引きに行けるポテンシャルを持っているのでコンセプト通りといった感じです。


パーティ

6匹を選んだ理由とそれを採用するに当たって持たせる確率技を上で書いたのでそれを軸に読んでみてください。

・ガルーラ
意地っ張り H180 A212 S116
持ち物:ガルーラナイト
グロウパンチ
ほのおのパンチ
れいとうパンチ
ふいうち

積極的にれいとうパンチを撃ち凍りを狙います。

配分はメタモンを輸送したせいで教え持ちのガルーラをorasで新規育成をしたくなかったので203ガルーラのノーマル技を切っただけです。後で考えておきます。
れいとうパンチの枠はおんがえしを使っていた時期も多かったですが、最初から交換する気がなく、全てのポケモンが全てのポケモンに居座り続けることを理想として組み始めたのでボーマンダ入りにも躊躇せず選出し、居座れるようにれいとうパンチに変更しました。

メタグロス
陽気 H156 B132 S220
持ち物:メタグロスナイト
アイアンヘッド
れいとうパンチ
かみなりパンチ
じしん

積極的にアイアンヘッドを撃ち怯みを狙います。
ミミッキュと対面した際30%の確率で傷の少ない突破を狙えます。30%の確率でイージーウィンルートです。
ドヒドイデにはかみなりパンチを連打して麻痺らせます。

配分は「神配分メタグロス」というものをお借りしました。


ゲッコウガ
控えめ CS252 D4
特性:げきりゅう
持ち物:きあいのタスキ
みずしゅりけん
ねっとう
あくのはどう
ちょうはつ

今回の地雷枠。僕らのげきりゅうゲッコウガ

積極的にあくのはどうを撃ち怯みを狙います。
ガブリアススタートの展開形はあくのはどうで怯ませることで20%でイージーウィンルートとなります。
スイクンのねっとうは物理に対する遂行の意味もあり、特定回数以内に火傷を引くことを求めれていますが、ゲッコウガのねっとうは単なる打点なので火傷は上振れ要素になります。
みずしゅりけんによる確率分岐を狙っての採用なのでさらに確率で値が振れるように特性は激流で確定です。
こうすることによりみずしゅりけんを3or4発→攻撃被弾→激流発動5発とすればミミッキュを対面から突破した上に激流みずしゅりけんを引き継ぎます

基本的にはあくのはどうを連打して20%の勝ちを積極的に狙いに行くことが大切です。


・カプコケコ
臆病 CS252 D4
持ち物:デンキz
10まんボルト
マジカルシャイン
リフレクター
めいそう

欲張りカプコケコ。パルシェンが採用されているのでスカーフ地震で殺されることをそこまで怖がる必要がなく、ガルーラ等に居座り自身の耐久値を上げるリフレクター。めいそうはポリゴン2とかを破壊したい欲に駆られたからです。
リフレクターを見るとフェアリー技がないと勘違いしてくれる説を期待しての技構成でもありましたが、そんなことは一度もありませんでした。


パルシェン
意地っ張り AS252 B4
持ち物:おうじゃのしるし
つららばり
こおりのつぶて
ロックブラスト
からをやぶる

z持ちのカプコケコとの同時選出がしやすい、タスキはゲッコウガに奪われました。オボンなどとも迷いましたが、コンセプトを大切におうじゃのしるしを持たせました。

カプコケコやミミッキュと並べ、積みリレーをすることが多かったです。


ミミッキュ
意地っ張り AS252 B4
持ち物:ゴーストz
かげうち
シャドークロー
じゃれつく
つるぎのまい

強いらしいので採用しました。たまたまスペシャルレートで使ってたのがこの個体なのでそのまま使いました。強かったです。


選出

2zにならない組み合わせだと思います。一般アイテム枠で強いと思われるタスキをゲッコウガという出しやすいポケモンに持たせたのでいろんな出し方があると思います。ゲッコウガは初手には限らずタスキで耐えてねっとう→みずしゅりけんのようにステロのない構築のウルガモスを止めに行ったりもしました。

カプコケコを出す場合パルシェンが出しやすく、ゲッコウガを出す場合はメタグロスが出しやすい、ガルーラはサイクルの崩しを担当して、メタグロスが主なメガ枠。積みエースを止めれそうになかったり強引な削りや切り返しとしてミミッキュが優秀なのでこちらも出す頻度は高いです。

ゲッコウガあくのはどうを2回放ち、メタグロスアイアンヘッドを2回撃つと68%で1回相手が怯みます。
3戦に2戦は相手が怯みます。
パルシェンがからをやぶり、メタグロスアイアンヘッドを2回放つと72%で1回相手が怯みます。

3戦に2戦は相手が怯みます!

よし!素催眠より合法な運ゲーだな!



6thの反省点として選出が極端に固まりやすいというものがあったのですが、7th最初のシングルはかなり柔軟に選出でき、今作の一般強ポケ枠の相手のミミッキュにはどの組み合わせで選出してもほぼ隙がなく、低レート相手にはコケコパルシェンといった分かりやすい勝ちルートも作れたのでかなり満足しています。ここ最近で作った中ではかなりお気に入りの構築です。

ここまで書いたことを纏めると、普通に動かして勝率55%〜60%を狙ったとき、勝手に60%〜65%になる構築!って感じだと思います!

戦績

32勝15敗
1840→2042

いつもとは違い途中からになってしまったので参考程度にしてください。対戦回数も少なめです。

3/1に構築が完成して、3/3に2000に乗せました。その時の順位とレートです。

確率技に頼ればプレイングガバガバでも誰でも簡単に2000に乗れるよ!ってこと!!
運ゲー楽しいね〜⊂(^ω^)⊃

あまり戦績に関して書けることがないのですが、使い心地はかなり良くまだまだ伸びる感じがあります。
でも総合があったのでやめちゃいました



追記:なんか総合やばかったので2055にしました。33勝15敗。