ことりちゃんにとおせんぼう

いろいろ試してみるポケモンブログ!

【WCS2017】キュウコンコケコ ~こうかくレンズと対戦回数~【シーズン2,4】

f:id:Talonflame_175:20170512014233p:plainf:id:Talonflame_175:20170512014302p:plainf:id:Talonflame_175:20170512014254p:plainf:id:Talonflame_175:20170512014249p:plainf:id:Talonflame_175:20170512014309p:plainf:id:Talonflame_175:20171005115317p:plain
シーズン1にレートを全くしていなかったので2から始める際に少し調べたところ、ガブリアスカミツルギが多いと知りました。
カミツルギは耐久が低いイメージがあったので(後にチョッキやHDベースがいることに気づく)、スカーフキュウコンでふぶきを撃てば強そうだと思ってこれをスタート。

シーズン2開始直後辺りではまだスカーフキュウコンを使っているプレイヤーが少なかったのですが、たまたまフォロワーがコケコと合わせていて強そうだったのでとりあえずコケコを育成しました。潜ってすらいないルールでの残り4匹は検討もつきませんでした。



シーズン1はwcsに限らずレート自体をほぼしていなくz技がどんな強さなのかすら知らなかったこともあり、レートに潜らないと進展がない気がしてきたのでシーズン1の構築を調べてたときに強そうに感じたウツロイドトリパを記事の通り丸パクリして潜ってみました。
しかし、思いの外初手のウツロイドが動かしにくく初手を変えたいなと感じました。

ということなのでウツロイドともう1匹適当に抜いてキュウコンコケコをぶち込みました。完成!

基本選出

f:id:Talonflame_175:20170512014233p:plainキュウコン(アローラ)

おくびょうCS 149-x-95-133-120-177 こだわりスカーフ
ふぶき/れいとうビーム/ムーンフォース/オーロラベール

スカーフカミツルギを抜くためにおくびょう。ひかえめにするとコケコのシャインと合わせて無振りコケコを落とせるようになる。

f:id:Talonflame_175:20170512012203p:plainカプコケコ

おくびょうCS 145-x-105-147-96-200 デンキz
まもる/10まんボルト/マジカルシャイン/ちょうはつ

素直にふぶきデンキzをするのが強く、それ以外の行動はあまり取らない方がいいと感じています。
z技を抱え込んだまま倒れるのが最悪の状況なのでとりあえず半減相手だろうと放ってしまうのが大切なルールだと最初に思いました。

無効にされるとz技がもう放てないことと、コケコの持ち物が割れてしまうのでデメリットの方が大きいですが、キュウコンのおかげで地面タイプによる無効化はほぼ抑止できるので扱いやすいです。

ちょうはつはS操作要員ではなくカプシリーズに放ちます。コケコミラーやテテフに撃ち込み、ちょうはつを撃てなくしてからポリゴン2でゆっくりトリルを貼るといった感じです。レヒレにはzを放って倒すか引かせて裏に半減ダメージ+ダブルダメふぶき+あられを入れます。大体ポリゴン2の攻撃の圏内に入ってくれます。

カプレヒレに関しては無視してふぶきを放つことでポリゴン2のDL発動10まんボルト+ギガイアスいわなだれで倒せるようになります。ふぶきをいかにレヒレに押し込んで置くかは後半に重要だと思いました。

このようにウインレヒレのような並びにもふぶきを撃つことに理由があるため、行動の選択肢をかなり狭くできている並びです。
相手に行動を制限されていたり、択を迫られている意味での狭さではなく、自分が安定行動として押せる技があることによるものなので、初めてwcsをして知識がない状態からでしたがキュウコンコケコは分かりやすく強いと感じました。

オーロラベールは初手に極端に出し負けたときに押してコケコ側をポリゴン2に引く為に使えるので割と使います。これが出来ることで初手のキュウコンコケコ選出率を上げれることに繋がります。

ムーンフォースマッシブーンなどのポケモンを2サイクル目に殴れるように採用しています。1サイクル目は隣にコケコがいるので問題ない為です。これも初手にふぶきを押していい理由になります。


そして、ふぶきは19%凍り。14%行動不能。

S操作枠

f:id:Talonflame_175:20170512013723p:plainポリゴン2

れいせいHC 191-x-112-172-115-58 しんかのきせき
まもる/トリックルーム/れいとうビーム/10まんボルト

コケコ入りということで強化されるタイプの技は採用したいので10まんボルト。初手はガブリアスに強いものの後発に残されるとキュウコンは割と早い段階で倒れるのでトリル後縛れるようにれいとうビーム

10まんボルトにより最後に出てくるテッカグヤに強いのがいいところだと思います。

まもるはz技の様子見やトリル読み集中を回避しつつ隣で縛りを解除するのに使います。個人的にはじこさいせいよりまもるが強いです。

4匹目選出枠

f:id:Talonflame_175:20170512014249p:plainギガイアス

ゆうかんHA 191-187-151-x-101-30 こうかくレンズ
まもる/いわなだれ/ストーンエッジ/どくどく

本当はz技で雑に崩して行くのが強いと思うのですが、コケコがzをほぼ確実に放っているので今回はその他のアイテムから探しました。

後で気づけた部分も多くありましたが、こうかくレンズは非常に強い持ち物だと思っています。

1.外しをケアしてポリゴン2が攻撃を合わせておく必要がない
レートにおいて外れたらゲームが終わる盤面で全てケアをしているとまもるにより防がれたり隣から不意にz技が飛んでくることがあり得ます。
だからといっていわなだれに任せ切るのは怖いのですが、こうかくレンズはいわなだれを信用して放つことが出来るので行動が安定します。相手のまもるが択になりにくくなります。

いわなだれを当てる必要がある場合、こうかくレンズと比べると9%大きい確率で負けになります。
言い換えると以下のようになります。
いわなだれを当てる必要がある場面が存在した対戦を10戦こなす度に、61%でレートを32失う。
(61%は1/nのn回試行収束前の値によるもの)


2.どくどくは素早く当てないといけない技
外れてもいい技と言うとほぼないと思いますが、逆に絶対に外してはいけない技としてはどくどくが挙げられると思います。バレたその瞬間に耐久ポケモンに引かれ、隣や裏から出てきたポケモンから集中的に処理を狙われます。
また、詰めに入ったカビゴンに処理が遅れるのは致命的でもあるので当てたいところです。


3.怯み率が約3%上昇する
隣にCに振り切ったポリゴン2がいる状態で怯むとギガイアス自身の火力の高さもあり一気に有利になります。2体相手ならば5%程上昇します。こごえるかぜの命中率が100%ならば・・・と思うことがある以上、これは有効な数字です。

いわなだれの命中率を上げることは、怯み率を上げることと考えることができ、100回負けになる試合が95回の負けで済みます。
これを言い換えると以下のようになります。
勝率60%で50戦こなす度に、64%でレートが32貰える。
(64%は1/nのn回試行収束前の値によるもの)

これは想像以上に重要なことだと僕は考えています。
ですがこれは大会といった場所ではなく、レーティングバトルが好きなプレイヤーなことでこうかくレンズを採用できることに繋がっているので、戦う場所を選ぶ持ち物だと感じました。

実際に外した回数はこれまでに2回のみであったので十分に信用できるアイテムだと思います。



どくどく自体はポリゴン2カビゴンを最後に残させ、相手が詰めに行く段階まではわざと不利な顔をする為に採用しました。
ギリギリまで相手の詰めルートに従って動いて相手に見えていないどくどくで勝ちにするのがこの形のポリゴン2ギガイアスの動かし方だと思っています。その為カビゴン入りに対してポリゴン2は殴られる確率が低い場面でまもったり、意味もなく殴る技を変えて相手にどくどくがないことを知らせる動きを取ることが殆どになります。


補完枠(そのまま入れただけ枠)

f:id:Talonflame_175:20170702173153p:plainウインディ

いじっぱり H236 A196 S76 195-170-100-x-100-125 こだわりハチマキ
A H振りカプテテフ確定1発
D 控えめコケコの10まんボルトZ耐え
S 最速カグヤ+1
フレアドライブ/インファイト/ワイルドボルト/しんそく

元がウツロイドトリパなのでそのまま入れた枠その1

初手にコケコを出せないときに選出して、相手の初手次第でハチマキしんそくを撃ちながらスカーフふぶきを合わせることでめちゃくちゃな縛り方をして出落ちさせれる楽しいポケモンでした。コケコが簡単に倒れていきます。

ギガイアスが刺さらないときや威嚇が欲しいときに4枠目で選出することも多かったです。

ハチマキはしんそくの為に持ちたいのですがまもりたい場面が多すぎたのでノーマルジュエルにするか迷っています、弱そうなので試したことはありません。1.3倍ならばプレートか珠でいいので1.5倍で使いたかったです。

f:id:Talonflame_175:20170512014309p:plainカプテテフ

ひかえめ H236 B236 C36 175-x-125-170-135-115 こだわりメガネ
HB ガブリアスのじしんZを耐える
サイコキネシス/ムーンフォース/マジカルシャイン/10まんボルト

元がウツロイドトリパなのでそのまま入れた枠その2

コケコライチュウに出せる駒が少なく割と役に立ちました。いつもいつもキュウコンコケコを出せる訳ではないので困った時の初手偵察要員として選出することが多かったです。



苦手構築

・電気吸い寄せ特性入り
キュウコンコケコに依存してるのでかなり厳しい。テテフウインディの刺さり具合と相手が強くなければ勝てる程度です。

ウツロイド+ギガイアス
キュウコンコケコに依存してるので()

メタグロス入り
地面zでウインディが死んでいった~
(そもそもグロス入り雨だと重め)

トリトドン入り
レヒレと合わせて暴走する方だと絶望的。コケコテテフを選出してフィールドを奪いつつテテフかどくどくを通す以外にないと思います。
レヒレとセットでなければ周りを倒してどくどくで倒すカビゴンと同じ動きでいいのでこちらはまだ楽です。

戦績

・シーズン2
1640スタート
37勝12敗(1640まではウツロイドトリパを使用)

最終レート1945
最終順位 38位


・シーズン4
99勝57敗

現在レート1854
追記:最終順位 37位

感想

ギガイアスが嫌になってシーズン3の構築を作ったのですが、シーズン4になると多少落ち着いたのでシーズン2のキュウコンコケコに戻しました。今は海外vgc勢がいろいろなポケモンを考察しているような環境で、これが多いといった構築はそこまでなかったと思います。
ガブリアス入りに戦いやすいパーティなのでスタンが減ることで戦いにくくなってしまいましたが、1800には到達できたので満足です。

単体では最近トリトドンウツロイドが多いな、と感じています。日本予選の配信直後はブルルがたくさんいましたがかなり落ち着いてきた印象です。

海外の大会のtop8の構築といったものは追っていなく調べてもいないので、レートとしてのwcs2017ルールをずっと遊んできました。
その為vgc勢とは見えている環境がズレているとは思いますが、キュウコンコケコでそれなりに勝ててこのルールを楽しめました。


今期はまだわかりませんが、また気が向かない限りこのルールはもうやらないと思うのでQRを公開してwcs2017を終わりたいと思います。対戦してくれた方、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-3D51-4D3E

3ds.pokemon-gl.com