ことりちゃんにとおせんぼう

いろいろ試してみるポケモンブログ!

【62ダブル】ガオガエンスタンパーティ!【シーズン9】

f:id:Talonflame_175:20180519164133p:plainf:id:Talonflame_175:20171001114009p:plainf:id:Talonflame_175:20180519164258p:plainf:id:Talonflame_175:20180110232305p:plainf:id:Talonflame_175:20180519164316p:plainf:id:Talonflame_175:20180110233245p:plain

①2×3のパーティにしない
- 2体セットは片方崩されると負けやすい
- 相手の選出が強い択になる

②相手視点見かけ上は立ち回りで勝てるようにしておく
- 選出択を減らしたい
1戦目に相手のしたそうなことを止めます。こちらの動きを見た2戦目、相手は1ターンずらしてから展開することが多いので別の方法で処理します。

a.ガオガエンねこだましで動きを止めて補助技
b.ガオガエンねこだましで動きを止めて殴る

aとbを使い分けて再戦をお互いに同じ選出にします。
- 最もパワーのある選出を継続

f:id:Talonflame_175:20180519164133p:plainガオガエン:オボンのみ

いじっぱり H140 A116 S252
188-165-110-x-110-112
ねこだまし/まもる/フレアドライブ/はたきおとす

発動しやすいオボンにしました。テテフのムーンフォース辺りで食べてくれます。
サイクルが回らないので1/2回復きのみは発動しにくいはずです。一番ターンのかかる殴り合いのガオガエンミラーではお互いにアイテムが落ちるので、1/2回復きのみは贅沢しすぎかも?

チョッキのイメージで攻撃を吸収するのでまもるを入れています。ガオガエンミラーですばやさを勝ちつつテテフアギルダーを対策できるHS配分です。
このポケモン自体で勝てることはないので、ねこだましで稼いだ1ターンを大切にします。

f:id:Talonflame_175:20171001114009p:plainクレセリア:いのちのたま

ひかえめ HC252 D4
227-x-140-139-151-105
トリックルーム/サイコショック/れいとうビーム/ムーンフォース

ムーンフォースはりんしょうギミックのレパルダスねこだましと合わせてゲッコウガも落とせます。
雨に強くなるエナジーボールと選択ですが、雨の裏に入っていることが多いキュウコンツンベアーのれいど集中で結局70%なので、確実に勝てる相手が増えるムーンフォースで継続しました。
サイコショックミロカロスのCを上げない、たまにいるウツロイドを気持ち意識していますが、サイコキネシスでもいいと思います。もしかしたら気づいてないだけで不意のチョッキに強かったのかも。
C特化珠れいとうビームできのみランドロスくらいまでを1発です。

ねこだまし+ムーンフォース→はたきおとす+ムーンフォースで相手のガオガエンのきのみを発動させることなく処理することができるので、ガオガエンの隣が明確にクレセガエンに強くない限りは出し負けにはなりませんでした。(出し勝ちではありません)

a.ねこトリル b.ねこ攻撃
この2つを使い分けるのが基本の戦い方になります。相手が選出を変えたらこちらのパワーが高いままで、相手が選出を変えなかったらこちらの1戦目の動きのケアをするので逆を行います。
1戦目はねこだましをまもって回避するプレイヤーが多くて(クレセの前でそれは危ないと思うけど…)、ねこだまし+トリックルームを見た相手は次の対戦で両方攻撃を選択しやすい。1戦目で隠していたまたは放てなかったちょうはつも無視できます。

f:id:Talonflame_175:20180519164316p:plainカプ・ブルル:しろいハーブ

いじっぱり HA252 D4
177-200-135-x-116-95
みがわり/ビルドアップ/ウッドハンマー/ばかぢから

こだわりハチマキを持ちたいポケモンだけどいかくの採用率が高いルールです。なので撃ち分け可能なこだわりハチマキを擬似的に再現するしろいハーブの方が優先順位が高くなるはず。他に取られてなかったので持たせることができました。
ばかぢからはガオガエンを選出負けにしないため。相性差が2倍以内ならウッドハンマーの方が上なので基本は撃ちません。それでもしろいハーブが残っていれば耐久が落ちないので、HPを残したい場合は最初に撃つこともあります。

a.ねこみがわりorビルド b.ねこウドハン
ねこみがわりの動きがかなり強力でした。初見の相手はチョッキとハチマキのイメージが強いのでまもるでねこだましを避けにくることが多いです。

f:id:Talonflame_175:20180519164258p:plainポリゴンZ:シルクのスカーフ

ひかえめ H220 B188 C76 D4 S20
188-x-114-181-96-113
まもる/みがわり/トライアタック/はかいこうせん

耐久配分で使うことまで決めていましたが、これはただの流用です。61シングルのHBポリゴンZのHP185をいのちがけ対策で188に変更して、その分Bを削って他は変えてません。
火力不足は感じませんでしたが、少しDに回したかったです。でもBも必要に感じました。(耐久が微妙に足りない)

カプ・ブルルと同様に、ここもこだわりに見えやすいポケモンです。
こだわりメガネを持つ場合C特化にしないとはかいこうせんの火力が足りません。なので火力を振らないならば他のアイテムで問題がないと思っています。
残りの1枠に入れたい技が特になかったので(どれを入れてもピンポイント)、まもるとみがわりで様子を見つつ展開次第で瞬間火力を出せるはかいこうせんにしました。あまり使わなかったのでどれでもいいと思います。
ノーマルのみになったので程よく火力不足を補ってくれるシルクのスカーフを持たせました。

a.ねこみがわり b.ねこはかいこうせん
みがわりを残した後のまもるが強いです。(ダブルのギルガルドヒードランのイメージ)
また、耐久が低いイメージがあり攻撃を散らされることが多かったです。高いHPのおかげで多くの場合に生存できました。

f:id:Talonflame_175:20180110233245p:plainカプ・レヒレ:こだわりメガネ

ひかえめ HC252 S4
177-x-135-161-150-106
トリック/ねっとう/マジカルシャイン/ムーンフォース

フィールドを奪いたかったのでもう1匹の遅いフィールド要員です。(ほぼサイコフィールド対策。このルールはミストフィールドミストフィールドである意味が特にないので、グラスフィールドは無理して奪いません)
さっきまでと違ってこのポケモンはめいそうを読まれます。ガオガエンと同時に選出するとこだわりが読まれにくく、ねこだまし+攻撃が比較的通せて強かったです。

トリックをほろびパーティやミミッキュカビゴンなどに放ちます。その他謎なギミックにも強めかな? Zクリスタルがないルールなので事故が少ないです。
ミミッキュにトリック+カビゴンにはたきおとすでトリックルームを連打することになるか、きのみ(またはハチマキ)が落ちます。
まもるじばくでもいかくのおかげで耐えてくれます。
ミミッキュにトリックが通るルールなのでその後殴り勝ちやすいです。

ミミッキュトリックルームをしたらカビゴンに集中します。カビゴンがまもってもトリックルームが解除されるので次のターン上から再びカビゴン集中です。
まもるはらだいこの場合でも、ミミッキュはトリックを見た上でトリックルームを選択しないと上からガオガエンフレアドライブで縛っているのでミミッキュの動きは関係ありません。
トリックルーム+はらだいこの状態になったときも+6じしんをカプ・レヒレが耐えるので、ガオガエンと集中することでどちらかが生存し、残りHP赤のカビゴンを落として勝つことができます。

178ダブルダメ+6じしん→177-135
83.6〜98.8% 確定2発

1パターンだけ抜け道があるような気がします。ですが実際の対戦ではミミッキュカビゴンには負けなかったので、ここまで対策できていれば十分のはずです...

f:id:Talonflame_175:20180110232305p:plainガブリアス:フィラのみ

いじっぱり H36 A252 S220
188-200-115-x-105-150
みがわり/じだんだ/いわなだれ/どくづき

いのちがけ対策の188で4n。みがわり要員3匹目です。
ねこだましと合わせてみがわりを残して、適当にいわなだれをします。外れてくれたらじだんだをします。
どくづきでドレディアカプ・ブルルに出し負けにはならないです。なのでカプ・レヒレカプ・ブルルをどうしても投げたくなかったときに中間択で投げれます。...ですが殆ど選出しませんでした。
砂にもねこビルドでブルルを放置できなくしてからフレアドライブと合わせてドリュウズは突破できます。晴れも(確定勝ちではないけれど)レヒレクレセリアねこだましをせずに両攻撃をすることで、どちらにねむりごなや攻撃が来てもドレディアが倒れるかコータスの火力を削ることができます。まもるやおさきにどうぞも同様です。

a.ねこみがわり b.ねこ攻撃(だけどこっちはあまり強くない)

選出

a.ねこだまし+補助技
b.ねこだまし+攻撃
f:id:Talonflame_175:20180519164133p:plain+f:id:Talonflame_175:20171001114009p:plain>f:id:Talonflame_175:20180519164316p:plain>f:id:Talonflame_175:20180519164258p:plain>f:id:Talonflame_175:20180110232305p:plain

c.変則対策トリック
f:id:Talonflame_175:20180519164133p:plainf:id:Talonflame_175:20180110233245p:plain

d.ガオガエン出せないとき
f:id:Talonflame_175:20171001114009p:plain+f:id:Talonflame_175:20180110233245p:plain>f:id:Talonflame_175:20180519164258p:plainf:id:Talonflame_175:20180519164316p:plain>f:id:Talonflame_175:20180110232305p:plain

e.その他自由に組み合わせる

ガオガエン+クレセリアのセットは4+2で組まれているほろび持ちの相手に選出択を誤魔化すことができるのでよく出しました。

無理な相手
- このゆびとまれ(サイドチェンジ)
全体技が少なく、どうやっても勝てませんでした。サイドチェンジは択になるのでまだなんとかなりますが、このゆびとまれは無理です。
- S操作対策の入っているほろびのうた
火力が低いのでほろび要員を倒せません。隣のポケモンのアンコールでトリックルームを縛るなどのパーティが無理でした。
- 高速一撃技持ち
耐性が高いとは言えなかったので対戦数の増えた後半から厳しく、ジバコイルなどを入れたほうがよかったと思いました。


ブルルの行動だけ保証されにくいのでガオガエンクレセリアで援護することを意識したいです。その他は大体どんな選出も出来ると思います。

多くのパターンでアギルダーのいのちがけに強く、相手のS操作にもみがわりやトリルで対応可能だったと思います。特に相手が2×3で組んでいる場合はこちらの組み合わせが多いおかげで、3パターンどれにも対応できることが多かったです。

選出しやすいと戦いやすい気がします。
62ダブルは見かけに反して選出までに対戦が終わらないので、スタンパーティは十分に強いと感じました。

対戦してくれた方ありがとうございました!

f:id:Talonflame_175:20180516141541j:plain

1803 53-19